ToLuckyの戯れ言blog

無期限休止中…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

最下位だってプロはプロ。広島カープが巨人を3タテ!

広島 9?6 読売 (2007/08/14 広島市民球場)
広島 2?1 読売 (2007/08/15 広島市民球場)
広島 6?3 読売 (2007/08/16 広島市民球場)

最下位のチームだって首位のチーム相手にこんな戦いができる
ということを証明した3連戦でした!
もっとも今日で広島は5位浮上、巨人は2位転落。

その立役者は、3戦目こそノーヒットだったものの、1戦目は逆転3ラン、2戦目はサヨナラヒットで連夜のお立ち台に上がった喜田剛に似ている栗原健太!
この男は毎年、巨人戦に強い!

鍛え上げたパワーで 敵を一瞬に撃破 今日も明日も頼むぞ、そう! 我らの栗原

2戦目の山崎浩司の隠し球も大きなプレーだった。
マーティー(ブラウン監督)が「隠し球は山崎が主導権を握ったプレーだと思う。
今日は彼がMVPだ」と絶賛したくらいだから。
実はこの山崎の隠し球、味方の他の野手でさえも気付いてなく、新井曰く
「僕も分からない。気が付いたら(二塁走者の阿部が)アウトになっていた」
というくらいの絶妙なものだったようだ。

7回、打者・脇谷の時に、山崎(左)が隠し球で二塁走者・阿部をアウトに=広島市民球場 9回にサヨナラ打を放ち、大喜びの栗原(左上)=広島市民球場
スポンサーサイト

別窓 | プロ野球
∧top | under∨
| ToLuckyの戯れ言blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。