ToLuckyの戯れ言blog

無期限休止中…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

コンビニごみ箱のあり方について思うこと

コンビニごみ箱“封印” 持ち込み「我慢限界」 仙台 (河北新報 2005/11/04 付)

私もコンビニでの業務経験があるからよく分かるが、
コンビニのゴミ箱は「家庭からの持ち込み」が大半を占めている。
ひどい輩になると、1人でゴミ箱の容量を一杯にするくらい捨てていく。(こういう輩は常習性もある。)
「こんな奴は客ではない。うちでは何も買わなくてもいいから店の敷地に近寄るな!」
と言ってやりたくなったものだ。

はっきり言って、ゴミ箱内のゴミ処理は2時間に1回では追い付かないくらいだった。
処理費用も(私の勤務していた店では)月6万円かかるし、
何よりも店員がゴミ処理に時間を割いているわけだから、その分の給料だって店側負担。

コンビニチェーンも「利用客あってのコンビニだから」などと言わず、
こういう店側の気持ちを理解することが必要だと思う。
モラルのない輩なんかに来てもらわなくて結構!
こういう輩が来れば来るほど「赤字」なんだし、店員のストレスも溜まる。
モラルのある利用客の人たちが気持ち良く利用できるような環境に
していくことも重要だと思う。

私の考えとして、「ゴミ箱はすべて店内に設置」が良いと思う。
それでも店内に入ってでも堂々とゴミを大量に持ち込む輩はいるだろうが、
ゴミ箱を外に置くよりは問題が改善すると思う。
スポンサーサイト
別窓 | 社会・時事
∧top | under∨
| ToLuckyの戯れ言blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。