ToLuckyの戯れ言blog

無期限休止中…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

7発打たれても勝利した阪神。ついに0.5ゲーム差。

巨人 vs. 阪神 ?2007/09/07 in 東京ドーム?

        1 2 3 4 5 6 7 8 9  計
阪神    1 0 0 0 4 0 2 1 1  9
巨人    1 2 0 1 2 0 0 2 0  8

≪投手≫
 阪神:ボーグルソン?江草?ダーウィン?ウィリアムス?○久保田(6勝3敗)?藤川(5勝2敗38S)
 巨人:パウエル?西村?山口?吉武?前田?三木?●上原(4勝2敗27S)

≪HR≫
 阪神:桧山3号(9回ソロ)
 巨人:高橋由伸31号(1回ソロ)・32号(5回2ラン)、李承24号(2回ソロ)・25号(4回ソロ)・26号(8回ソロ)、ホリンズ12号(2回ソロ)、二岡18号(8回ソロ)


巨人はすべてホームランで8得点、阪神は単打と四死球でつないでもぎ取った8点。
川藤幸三氏が「大砲と水鉄砲が戦っているような試合」と表現していた。
9点目は9回に桧山が上原から勝ち越しソロ。
その裏を藤川が締めて乱戦に終止符。
見ていて非常に疲れる試合だったが、とにかく天王山の初戦を取れて良かった!

9回表、先頭の代打・桧山が上原から決勝ソロを放つ=東京ドーム

スポンサーサイト
別窓 | プロ野球
∧top | under∨
| ToLuckyの戯れ言blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。